お酒、タバコ、ドラックもやり放題!?アーミッシュのラムシュプリンガの誤解

アーミッシュを卒論のテーマにする学生と会いました

つい昨日、「アーミッシュのラムシュプリンガ」を卒論のテーマにしていてる大学生とお会いしました。
アーミッシュの文化について誰かと話せるのは、私にとってすごく幸せな時間。
日本ではまだまだ認知度の低いアーミッシュの文化について共有して、考えて、理解や考察を深められる良い機会です。

アンミラでアーミッシュの料理であるパイを食べながら、あれやこれやと語り合いました。
(アンミラのパイについては「「アンミラ」はアーミッシュがモチーフ?調査してみた。」を参照)

彼女がラムシュプリンガについて調べているということで、今日はラムシュプリンガについて一般的によくある誤解について書いておこうと思います。

アーミッシュのラムシュプリンガとは?

ラムシュプリンガはアーミッシュの言葉であるペンシルヴァニアダッチの単語です。日本語でいうところの「青年期」に該当する言葉。
学校を卒業してから洗礼を受けるまでの期間を指します。つまり、15歳前後から20歳前後以降。
洗礼を受けるタイミングは個人に委ねられていますから、ラムシュプリンガの期間は人によって異なります。

学校を卒業すると、アーミッシュの社会では一人前の大人。男女の交際も始まりますし、自分でお金を稼ぐために働き始めます。ただ、洗礼を受けるまでは正式な教会メンバーでないので、アーミッシュのルールを破っても咎められることはありません。
(アーミッシュの洗礼については自分の意思で洗礼を受けて、「アーミッシュ」になるを参照にしてください)

人によってはこの期間に、ノンアーミッシュのような服装をしたり、免許を取って運転したり、スマホやカメラを持ったりもします。

▲一枚だけ普通のジーンズが干されています。これは、ラムシュプランガ中の長男の服。

子どもでもなく、自立した大人。でも、正式な教会メンバーではないので、コミュニティのルールに従う必要もない。
このどっちつかずの微妙な期間をラムシュプリンガといいます。

よく、「アーミッシュのラムシュプリンガって、お酒とかドラッグとか、すごいんでしょ?」
という質問を受けることがあるのですが、この認識は間違っています!

面白おかしく制作されたメディアの影響で勘違いしてしまっている人があまりに多い気がします。
上記の説明のとおり、ラムシュプリンガはただの「青年期」という一般的な時期を指した言葉であって、イコール「アーミッシュがハメをはずす期間」ではありません。

実際は、ハメもはずさずラムシュプリンガを過ごす若者が大半です。

e1478522606990
▲ラムシュプランガ中の次女。昼間は観光地にあるお店で働き、夕方は家業のお手伝い。この子はスマホを持っていました。

ラムシュプリンガにまつわる誤解

ここで、きちんと誤解を解いておこうと思います。

誤解1 アーミッシュコミュニティを出て、都会で暮らすわけではない

→私が滞在したアーミッシュの家庭では、ラムシュプリンガ中の女の子と男の子が一人ずついました。彼らは都会で暮らすわけではなく、生まれた自宅に住んでいます。

誤解2 ラムシュプリンガ=お酒やタバコ、ドラックに溺れる期間ではない

→私の友達は20歳で洗礼を受けましたが、その前にお酒やタバコ、ドラックを楽しんだわけではないです。むしろ、興味なし。アーミッシュの若者がハメをはずして補導されるというニュースをたまに見かけますが、それは珍しいからこそニュースになります。

誤解3 「ラムシュプリンガ」の期間が明確に定めれているわけではない

→「いつからいつまでがラムシュプリンガだから、遊びまくろう」のようなスケジュールはありません。学校を卒業したらラムシュプリンガの時期になるわけですが、終わる時期は人によって異なります。

誤解の原因は、ノンアーミッシュが作ったドキュメンタリーやロマンス小説

馬車に乗ってテレビやパソコンも持たず、シンプルな服を着たアーミッシュ。そんなアーミッシュの若者がタバコを吸ったり、ナイトクラブに繰り出したり、お酒を飲んでハメをはずす姿はとてもセンセーショナルです。

テレビ映え抜群だし、大衆が食いつくかっこうのネタ。だからこそ、アーミッシュのラムシュプリンガを表現したという数々の映像やドラマ、ドキュメンタリーが存在します。

中にはメディアが表現したようなラムシュプリンガを過ごすアーミッシュもいるかもしれません。が、それはかなり少数派。

また、「ラムシュプリンガ中にアーミッシュの若者が一般のアメリカ人と恋に堕ちる」というのも大衆が大好きなネタです。
ロミオとジュリエットのような障害のある恋。惹かれあってはいけない二人が惹かれあい、運命に翻弄されるというストーリですね。

アマゾンで「ラムシュプリンガ」と検索すると、そんな内容のロマンス小説もヒットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です