日本人女性とアーミッシュ女性比較。一生分の服・メイク代の差は700万円以上!?

メイクやファッションに夢中になる日本人女性

日本人の女性は中学を卒業するとメイクを覚え、学校に行く時も会社に行く時も遊びに行く時も、毎日化粧をします。
おしゃれも同じ。毎年変わる流行りのファッションに身を包もうと、洋服を頻繁に買い替え、毎シーズン異なる服を楽しみます。

毎日メイクをして、毎日服を変えて、というのが当たり前の生活。
でも、アーミッシュの女性は違います。

メイクはしない。服はワンピースのみ。

アーミッシュの女性達は、化粧をしません。洗顔後に化粧水で肌を整えたり、香水を使うことはありますが、化粧品は持っていません。

もちろん、私がアーミッシュコミュニティに滞在していたときも、化粧をしたアーミッシュを見たことは一度もありませんでした。
みんな、すっぴん。(日本人のすっぴんとは、やはり、わけが違うのですが・・・)

毎朝メイクをするのが当たり前の私たちからすると、すっぴんで毎日を過ごすとは驚きですよね。
でも、ふと思ったのです。

もし、アーミッシュのように化粧を一切しないとしたら、かなりの経済的余裕ができるのでは?と。

ファッションについても同じです。
毎シーズン変わりゆくトレンドに遅れないよう、私たちは毎月のように洋服を購入します。
でも、アーミッシュの女性が着るのはワンピースのみ。
こんなふうに着る服が決まっていたら、毎年洋服を買い換える必要はありません。

そこで、化粧をしない人生とする人生、洋服を頻繁に買い換える人生とそうでない人生で、どのくらい消費金額に差がでるのか、ざっくり計算してみることにしました。

日本人の一生のメイク代・服代をざっくり計算

◆日本人女性の化粧品代
・ファンデーション
・下地
・チーク
・アイブロウ
・アイライナー
・マスカラ
→これらを揃えて、ざっくり1万円としましょう。
半年ごとにこのセットを買い換えるとしたら、年間で2万円です。

◆日本人の洋服代
これもざっくり、月に1万円としましょう。年間で12万円ですね。

化粧品代2万円+洋服代12万円で年間14万円を消費していることになります。なかなか、大きい数字ですね。

仮にメイクとファッションを楽しむ期間を18歳から70歳までとしたら、52年間となります。この52年間、毎年14万円を消費すると・・・728万円!

つまり、日本人女性は一生で728万円をメイク・洋服代に費やしているのです。対してアーミッシュ女性は、ゼロ。

ファッションやメイクにお金を使わなければ、一生のうちに700万円以上も節約できるということ。
当たり前だと思って買い物をし続けていますが、「メイクしない。ファッションもシンプルなワンピのみ。」という選択をとるとここまで差がでるのですね。

アーミッシュの女性の生き方を知っていなかったら、改めて考えることもなかったであろう事実です。
メイクやファッションが自分の人生で700万円以上もかけるほど価値のあるものなのかどうか、振り返って考えさせられる良い機会でした。

アーミッシュワンピース通販バナー

2 件のコメント

  • やまこ より:

    こんにちは(*^^*)こちらの記事もとても興味深く、また考えさせられる内容だと思いました。
    私も20代の頃は、毎月服や靴に多くのお金をかけてきましたが、今思うと本当にそんなにたくさん必要だったのかな?と疑問に思うと共に、そのお金をもっと別の形で使ったり、もしくは必要としなければもっと別の生き方を選択できたのかな?と思います。
    これからも楽しみにしています。

    • amish より:

      やまこさん
      そうですね、私の過去の自分を振り返ると疑問に思う行動がたくさんあります(笑)
      高価な物を持っていること、流行りのメイクやファッションに身を包むことに価値を置いていたこともあります。
      でも、今は変わりつつありますね・・・・。
      コメント励みになります^^ ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です