【リアル・アーミッシュ #4】アーミッシュの女子会に参加。旦那さんのサプライズを目撃。

私が学生の頃に書いたアーミッシュの家庭の滞在レポートを公開しています。

▼バックナンバー
【リアル・アーミッシュ #1】学生の頃に書いたレポート文を公開します
【リアル・アーミッシュ #2】現実のアーミッシュの世界にいよいよ潜入
【リアル・アーミッシュ #3】25歳3児の母・アーミッシュお母さんのお手伝い

アーミッシュ女性もおしゃべり好き

アーミッシュコミュニティの青い空女性がおしゃべり好きという定説は、アーミッシュの世界でも適用される。
その日はよく晴れていて、シュラバッハ家親族の女性達が総勢7人、プラスまだ学校に通っていない子ども達が10人ほど一つの家庭に集まり、その家の掃除などを手伝う、という会が開かれた。
Gatheringと言い、2ヶ月に一回ほど開かれるお手伝い会という名目だが、目的はおしゃべりにあるのではないかと思うほど、途切れなく続く。

3ヶ国語で進むアーミッシュの女子会

もちろん会話はペンシルヴァニアダッチという独自の言語で進む。そしてたまに英語やハイジャーマンが混じる。
アーミッシュはペンシルヴァニアダッチと英語の二ヶ国語をゆうに操り、加えてハイジャーマンまで学ぶ。ペンシルヴァニアダッチは外の世界との見えない壁を作り、民族としてのアイデンティティや結束を深めている。

とはいえ、一般のアメリカ人と同じ土地に住んでいるのだから、商売や日常生活では英語が必要だ。だから8年制の学校の授業はすべて英語で行われ、多少の差はあるにせよ、大概のアーミッシュは英語が堪能である。

留守の旦那さんからのサプライズプレゼント

日本でいうところの女子会のように盛り上がるアーミッシュの婦人たち。そこに宅配便の配達人が届け物を持ってきた。なにやら、綺麗な花束が届いたのだ。受け取ったアーミッシュ婦人は予想していなかったようで、みんなで花束に添えてあったメッセージカードを読んでみる。なんと、その場にはいない彼女の旦那さんからのプレゼントだった。
その日がなんの記念日だったのか分からなかったのだが、アーミッシュの旦那さんからの奥さんに向けたサプライズプレゼントとして、花束が届いた。
すごく、素敵なことをする旦那さんだなー。

女子会の話題は……私のことも!?

アーミッシュの手作りクッキー
ホームメイドの異様に甘いクッキーをつまみながら、彼女たちは延々と何を話していたのだろうか。帰りのバギーの中でネバに聞いてみた。曰く、「あなたの事よ、みんな感心していたわよ。それと、子ども達のしつけの事、レジーナとグロリアの結婚式の衣装のこと、(レジーナとグロリアの姉妹は、この6月に合同結婚式を挙げる予定なのだ。)夫のこと、家庭生活のこと、いろいろよ。」らしい。

自分の事が話題になっているとはつゆ知らず。私は大人達の足元に転がって遊ぶ子ども達に絵を描いてあげたり、ネバの持ってきた子ども服のボタンを繕ったりしながら過ごした。

つづく。

アーミッシュワンピース通販バナー

2 件のコメント

  • いけだ より:

    こんにちは!
    映画でアーミッシュの存在について知り、思わず調べたい衝動に駆られてこちらのサイトを見つけました。最初から最後まで一気に記事を読んでしまうほど惹き込まれてしまいました。
    これらの記事の中で書かれているアーミッシュと私が見た映画の中のアーミッシュとはとても異なっていました。アーミッシュはルールに強制されて生きているのではなく、当たり前の習慣として、それぞれが自分で生き方を選択してるんだなと。
    私は現在高校2年生で、今年受験生と呼ばれる年にあたります。私達の”常識”が当てはまらないアーミッシュの考え方や価値観などを受験や将来に反映できればいいなと思いました。
    それと同時に興味から自分の経験や生き方に繋げられて、一つのことに追求していく麻葉さんがかっこいいなと思いました。
    世間では(特に日本では)まだまだアーミッシュについて全く知らない人も多く、私自身もつい最近知ったばかりですが、摩葉さんの活動応援します!!
    長文失礼しました。

    • amish より:

      いけださん、コメントありがとうございます^^
      記事を読み込んで頂けたようで嬉しいです。いけださんの感想もしっかりしていて、お若い高校生なのに立派だなぁと勝手に感心していました(笑)
      応援して頂けるとのこと、とっても励みになります。
      今年はまたアーミッシュコミュニティに訪問しようと考えていたところなので、なんだか背中を押された気分です。励みになるメッセージありがとうございました○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です